Other qualification

TOEFL・IELTS・TEAP・JNTO対策コース

  1. HOME
  2. TOEFL・IELTS・TEAP・JNTO対策コース

TOEFL・IELTS・TEAP・JNTO対策コース


TOEFL対策コース

TOEFL対策コース

TOEFL®とは

TOEFL® テスト(Test of English as a Foreign Language)は、1964年に英語を母語としない人々の英語コミュニケーション能力を測るテストとして、米国非営利教育団体であるEducational Testing Service(ETS)により開発されました。大学のキャンパスや教室といった実生活でのコミュニケーションに必要な、「読む」「聞く」「話す」「書く」の4つの技能を総合的に測定します。TOEFLテストは世界中の英語検定テストの中で、幅広い国々で受け入れられているテストです。アメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、カナダのほぼ全ての大学をはじめとした、130カ国10,000以上の機関が、TOEFLテストスコアを英語能力の証明、入学や推薦入学、奨学金、卒業の基準として利用しています。TOEFLテストは、世界中でこれまでに約3,500万人以上が受験しています。
留学先で他国の留学生と英語能力を比較するときにはTOEFLテストのスコアが話題になるでしょう。日本では教育機関等での学内単位認定や、入試優遇、海外派遣選考の目安として利用されています。

TOEFL® テストの種類

大学入学レベルのTOEFLテストには、TOEFL iBT® テスト(TOEFL Internet-based Test)と改訂版TOEFL® ペーパー版テスト(The revised TOEFL® Paper-delivered Test)*があります。日本ではTOEFL iBTテストが実施されています。
* 2017年10月以降、インターネットが使用できない地域限定で、TOEFL® PBTテスト(TOEFL Paper-based Test)に代わり改訂版TOEFLペーパー版テストが実施されています。 また、TOEFLテストと相関性の高い団体向けテストプログラムとして、TOEFL ITP® テスト(TOEFL Institutional Test Program)があります。TOEFL ITPテストのスコアは学内プログラムの効果測定、プレースメント(クラス分け)、交換留学の選考などに利用されています。
その他、TOEFL Junior® テスト、TOEFL Primary® テストと呼ばれる小中高生向けのTOEFLテストもあります。


TOEFL iBT® テストとは

TOEFL iBT® テストは2005年9月に米国で導入され、日本では2006年7月から運用が開始されました。アカデミックテストとして、コミュニケーションに必要な「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能を総合的に、かつ高い精度・公平性をもって測定されます。さらに、各スキルを組み合わせて、課題を遂行する能力を評価するなどどれだけ英語を「知っているか」ではなく、「使えるか」に焦点をあてています。


TOEFL iBT® テストの特長

  1. テストセンターにて全セクションコンピュータ上で受験
  2. テスト所要時間は4-4.5時間
  3. 全セクションでメモをとること(Note-taking)が可能
  4. Speakingセクションでは、マイクに向かって話し、音声が録音される
  5. 同時に複数の技能を測定する問題(Integrated Task)が出題される
  6. スコアは点数に加え、「スコアの持つ意味」の解説 (Performance Descriptor)も示される

TOEFL iBT® テストの構成・問題数・時間配分・スコア

TOEFL iBT® テストは2005年9月に米国で導入され、日本では2006年7月から運用が開始されました。アカデミックテストとして、コミュニケーションに必要な「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能を総合的に、かつ高い精度・公平性をもって測定されます。さらに、各スキルを組み合わせて、課題を遂行する能力を評価するなどどれだけ英語を「知っているか」ではなく、「使えるか」に焦点をあてています。

セクション 内容 スコア スコアレベル*
Reading
60-80分
アカデミックな長文読解問題で構成
■問題数:3-4パッセージ
(各パッセージ約700語、12-14問)
■時 間:60-80分
0-30 High(22-30)
Intermediate(15-21)
Low(0-14)
Listening
60-90分
講義と会話の2種類の問題で構成
■問題数:講義 4-6題
(1題 3-5分、約500-800語、6問)
:会話 2-3題(1題 約3分、5問)
■時 間:60-90分
0-30 High(22-30)
Intermediate(15-21)
Low(0-14)
休憩10分
Speaking
20分
2種類の形式、全6問で構成 0-30 Good(26-30)
Fair(18-25)
Limited(10-17)
Weak(0-9)
Independent tasks
■問題数:2問
■時 間:準備15秒
解答45秒
Integrated tasks
■問題数:4問
(1)Read / Listen / Speak 2問
■時 間:
準備30秒 解答60秒
(2)Listen / Speak 2問
■時 間:
準備20秒 解答60秒
Writing
50分
2種類の形式、全2問で構成(タイピングのみの解答) 0-30 Good(26-30)
Fair(18-25)
Limited(10-17)
Weak(0-9)
Integrated Task
Read / Listen / Write

■問題数:1問
■時 間:20分
Independent task
■問題数:1問
■時 間:30分
Total 4-4.5時間
(ListeningとSpeakingの間に10分間の休憩があります)
0-120 -
セク
ション
内容 スコア スコア
レベル*
Reading
60-80分
アカデミックな
長文読解問題で構成

■問題数:
3-4パッセージ
(各パッセージ
約700語、12-14問)
■時 間:60-80分
0-30 High
(22-30)
Intermediate
(15-21)
Low
(0-14)
Listening
60-90分
講義と会話の
2種類の問題で構成

■問題数:講義 4-6題
(1題 3-5分、約500
-800語、6問)
:会話 2-3題
(1題 約3分、5問)
■時 間:60-90分
0-30 High
(22-30)
Intermediate
(15-21)
Low
(0-14)
休憩10分
Speaking
20分
2種類の形式、全6問で構成 0-30 Good
(26-30)
Fair
(18-25)
Limited
(10-17)
Weak
(0-9)
Independent
tasks

■問題数:2問
■時 間:準備15秒
解答45秒
Integrated
tasks

■問題数:4問
(1)Read / Listen /
Speak 2問
■時 間:
準備30秒 解答60秒
(2)Listen /
Speak 2問
■時 間:
準備20秒 解答60秒
Writing
50分
2種類の形式、全2問で
構成(タイピングのみ
の解答)
0-30 Good
(26-30)
Fair
(18-25)
Limited
(10-17)
Weak
(0-9)
Integrated
Task

Read / Listen / Write
■問題数:1問
■時 間:20分
Independent
task

■問題数:1問
■時 間:30分
Total 4-4.5時間
(Listeningと
Speakingの間に10分
間の休憩があります)
0-120 -

*High(高)Intermediate(中)Low(低)Good(優)Fair(良)Limited(限定的)Weak(極めて限定的)
*ReadingおよびListeningセクションのスコアは0-30でコンピュータより採点
*Speakingセクションは6つの課題がそれぞれ0-4で採点され、その合計が0-30のスコアに変換
oETS認定の採点者により話題の展開力や英語運用能力について評価
*Writingセクションは2つの課題がそれぞれ0-5で採点され、その合計が0-30のスコアに変換
o自動採点システムe-rater®と人間による採点を併用
oIntegrated task----話題の展開、構成、文法、語彙、正確度、完成度を評価
oIndependent task---話題の展開、構成、文法、語彙など文章の全体的な質を評価


スコアの有効期間

受験日から2年間
TOEFL iBT® テストの結果は合格・不合格でなくスコアで表示されます。

採点には各セクション1問解答する必要があります。

各セクションスコアスケール
Reading:0~30 Listening:0~30 Speaking:0~30 Writing:0~30 トータルスコア:0~120
TOEFL PBT CBT iBT と TOEIC スコア換算表
PBT CBT iBT TOEIC
673-677 297-300 120 990+
670 293 119 990+
667 290 118 990+
660-663 287 117 990+
657 283 116 990+
650-653 280 114-115 990+
647 277 113 990+
640-643 273 111-112 990
637 270 270 980
630-633 267 109 965
623-627 263 106-108 950
617-620 260 105 925
613 257 103-104 910
607-610 253 101-102 900
600-603 250 100 880
597 247 98-99 865


TOEFL iBT® テスト申込までの流れ

STEP1
  • Bulletin入手・内容確認
    受験者は必ずBulletin(受験要綱)を読まなければなりません。
STEP2
  • 身分証明書(ID)の準備・確認
    TOEFL iBT® テストの受験には、米国ETSの定める有効な身分証明書(ID)が必要です。当日に提示できなければ、受験は許可されず返金も一切ありません。必ず事前に確認しましょう。
STEP3
  • My Home Page作成
    TOEFL iBTの申込には、My Home Page(TOEFL® テスト公式サイト上に作成する個人のアカウントページ)の作成(無料)が必須です。
STEP4
  • 支払方法の準備・確認
    支払方法によって、利用できる申込方法が異なります。
STEP5
  • 申込
    《オンラインによる申込》
    ETSのTOEFLテスト公式サイトにアクセスし、My Home Page上で申し込む。
    受験票の発行はない。Registration Number、テスト日、会場、集合時間が表示される画面を印刷して大切に保管すること。

    申込期限
    Regular registration(受験料US$235) - 7日前まで
    Late registration(受験料US$275:US$235+手数料US$40)
    - 4日前まで
    支払方法
    -クレジットカード
    -Paypal Account

    《郵送による申込》
    ETS webサイト受験要綱および申込用紙のページからRegistration Form(5枚綴り)を印刷して黒のボールペンで記入し、ホッチキスで止める。クレジットカード情報をFormに記入の上、下記の住所に郵送する。後日Registration Number、受け付けられたテスト日・会場、集合時間を知らせるConfirmation(確認書)がEメールで届く。
    〒101-0062
    東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ アカデミア5F
    プロメトリック(株)TOEFL iBT係
    申込期限
    最も近い希望テスト日の4週間前までに必着(受験料US$235)
    支払方法
    クレジットカードのみ

    《電話による申込》
    My Home Pageに掲載のETS ID、テスト当日に持参する身分証明書(ID)およびRegistration Formに記載の必要項目を準備して、下記の番号へ電話する。受験票の発行はない。Registration Number、テスト日、会場、集合時間を告げられるので、控えて大切に保管すること。

TOEFL iBT® テスト会場

全会場で全日程のテストが実施されるとは限りません。また随時追加・変更があります。なお、申込締切日前でも会場が満席になった時点で申込締切になりますので、早目の予約が必要です。 最新の空席情報は、米国ETSのTOEFL® テスト公式サイト上のMy Home Pageで確認が必要です。

埼玉の会場
試験会場名 会場
番号
会場住所 駐車場
の有無
大宮駅東口テストセンター
Omiyaeki Higashiguchi Testing Center
ITJP980 さいたま市大宮区大門町3-191-1 今井ビル4F Pなし
熊谷テストセンター(アイセイPC)
Kumagaya Test Center(Aisei PC)
ITJP784 熊谷市河原町2-33 松島第一ビル1F Pなし
川越駅東口テストセンター
Kawagoe Eki-Higashiguchi Test Center
JP918 川越市脇田町33-12 あいおいニッセイ同和損保川越第一ビル3F Pなし


IELTS対策コース

IELTS対策コース

目標スコアを必要な時期までに取得するために、受験するモジュールに照準を合わせてレッスンプランを組むことができます。リスニング・リーディング・ライティング・スピーキングの4つの分野の英語力をバランスよく鍛え、高スコアを目指します。

試験内容 Listening ,Reading,Speaking,Writing 4つのセクションで合計約2時間45分 ※アカデミック・モジュールとジェネラル・トレーニング・モジュールの  2種類あり、内容が異なります。
実施回数 毎週実施(但し、試験会場によって日程が異なります)
等級区分 1.0〜9.0のバンドスコア
実施団体 (財)日本英語検定協会
POINT
  • 受講生一人ひとりの目標と英語力に合わせ、リスニング・リーディング・ライティング・スピーキングの4能力をバランスよくスコアアップできるよう、ベテラン教師が丁寧にサポートします。

TEAP対策コース

TEAP対策コース

TEAP(ティープ)とは

「大学教育レベルにふさわしい英語力」を測るための新しい英語運用能力テスト

TEAP(ティープ)とは、Test of English for Academic Purposesの略。実用英語検定(英検)で有名な公益財団法人日本英語検定協会と上智大学が共同で開発し、2014年から実施している新しい英語能力試験です。主に高校3年生を対象に大学入試を想定して開発されたもので、テスト構成は日本における「大学教育レベルにふさわしい英語力」を測るうえで適切な設計となっています。テストは「読む(Reading)」「聞く(Listening)」「書く(Writing)」「話す(Speaking)」の4技能で構成されており、とりわけ日本の英語学習者の弱点と言われる「Speaking」と「Writing」については、世界的に有名な英国のベッドフォードシャー大学の研究機関であるCRELLA(Centre for Research in English Language Learning and Assessment)の監修のもとで開発されたものです。大学で学習・研究する際に必要とされるアカデミックな場面での英語運用力(英語で資料や文献を読む、英語で講義を受ける、英語で意見を述べる、英語で文章を書くなどの能力)を正確に測定することができるのが大きな特徴です。

TEAP実施初年度の2014年度は予想をはるかに超える10,000人以上の総申込者数があり、さらに2016年度には受検者が約14,000人に増加するなど着実な広がりを見せています。また、2015年度の入試から上智大学が他大学に先駆けてTEAP利用型入試を導入。2016年度からは立教大学、中央大学、関西大学、立命館大学などで入試に採用され、2017年度には早稲田大学の一部の学部でもTEAPのスコアが使えるようになるなど、大学入試の現場で大きく注目を集める英語能力テストとなっています。


TEAPのテストの種類

TEAPには、試験形態などの違いにより「TEAP」と「TEAP CBT」の2種類があります。テストはすべて、大学に入学後(留学も含む)、大学での指導や学習で遭遇する場面を想定して作成された、アカデミックな内容となっています。
なお、「TEAP」と「TEAP CBT」とも、高校3年生を対象に開発されたものですが、受験資格は高校2年生以上となっています(※)。
※受験年度で高校2年生となる生年月日以前の生まれであること

TEAP

紙のテスト。大学教育レベルにふさわしい英語力を正確に測定する、4技能型のアカデミック英語能力判定試験です。各大学の入試で必要とされる基準点に満たない場合は複数回の受検が可能となっています。


TEAP CBT

パソコンを用いたコンピューター版のテスト。TEAPのコンセプト(日本の高校生のレベルに合わせたテスト難易度など)を継承しつつ、ICTの多様な機能を活用することで、より高度な思考力・判断力・表現力を必要とする問題が出題されます。Reading+Listening+Speaking 、Reading+Listening+Writing など、3技能を組み合わせた統合型問題が複数出題されることも特徴の1つです。グローバル×IT社会を牽引する思考力・判断力・表現力をリアルに測定する英語4技能を超えたテストとなっています。


試験日程とテスト会場

試験は年間3回実施されます。2017年度は、7月23日(日)、10月1日(日)、12月3日(日)です。試験は、全国12都市で開催されています。志望大学で実施されていることもあるので、例えば上智大学志望の地方在住の高校生が、地元の近くではなく東京会場の上智大学で受け、合格へ向けてモチベーションを上げることもあるようです。
(札幌 / 仙台 / 埼玉 / 千葉 / 東京 / 神奈川 / 金沢 / 静岡 / 名古屋 / 大阪 / 広島 / 福岡)
※試験日程及びテスト会場の詳細はTEAP公式サイトの受験案内で確認できます。


受験料

受験料
2技能パターン
(リーディング、リスニング)
6,000円(税込)
3技能パターン
(リーディング、リスニング、ライティング)
10,000円(税込)
4技能パターン
(リーディング、リスニング、ライティング、スピーキング)
15,000円(税込)

利用できる大学の選択肢を広げるという観点から、4技能パターンで受験することが望ましいです。


申し込み

2017年度より、当日の本人確認時に認められる身分証明書が、「顔写真付きの身分証明書」のみに変更されました。試験当日に写真付き身分証明書を持参しなかった場合は、本人確認が完了するまでTEAPウェブサイトでの成績結果掲載およびスコアレポートの発行はできませんので注意が必要です。


試験時間

計200分(リーディング:70分、リスニング:50分、ライティング:70分、スピーキング:10分)


配点、評価方法

合格、不合格はなく、テスト結果は4つのカテゴリーごとに20から100までのスコアとスコアに基づいたCEFRのレベルが出ます。


難易度

テスト内容はすべて大学教育(留学も含む)で遭遇する場面を考慮して作成されています。難易度の目安としては、英検準2級〜準1級程度で、日本の高校3年生の英語を測定するのに最適なレベルとなっています。リーディングとリスニングはマークシートによる択一選択方式、ライティングは解答用紙への記入、スピーキングは1対1の面接方式です。


大学受験でのメリット

TEAPは大学入試で利用できる場合があります。ほとんどが私立大学ですが、一部の国公立大学においても、ある得点を超えればセンター試験を満点に換算するなどといった優遇措置が取られています。
TEAP採用大学:
http://www.eiken.or.jp/teap/group/list.html


通訳案内士外国語試験対策コース

通訳案内士外国語試験対策コース

外国人観光客に対して外国語通訳及び観光案内を行って報酬を得る国家試験です。試験は外国語、日本地理、日本歴史、一般常識の筆記試験と外国語での口述試験があります。また英検1級合格者またはTOEIC840点以上で外国語の筆記試験が免除されます。イングリッシュクラブでは、英語の筆記試験の対策が出来ます。

試験内容 外国語筆記試験 120分
日本地理 40分
日本歴史 40分
一般常識(日本の産業、経済、政治及び文化)40分
口述試験 約8分
実施回数 年1回 8月下旬
受験地 東京近郊他
等級区分 合格基準点越え(60点及び70点)
実施団体 日本政府観光局
POINT
  • ベテラン日本人教師が過去の傾向と受講生の英語力をしっかり分析し、正解を導き出すポイントの解説と徹底した試験演習により、弱点を克服し、合格に必要な英語力を徹底的に強化していきます。